ヨウコさんの家の隣の駅で会うことになっていたので、遅刻してはいけないので駅に10分前には着くようにした。


e179cc364ad77d8c1906cbdd06ded0ee_s


待ち合わせ場所で待っていると写真で見たヨウコさんらしき女性が待ち合わせの5分前に現れた。


オーネットで初めて会う人なので間違えたら困ると思い、お話掲示板のメッセージで「僕は着きました。ヨウコさんはどうですか?」と送ってみた。


するとヨウコさんらしき人がスマフォで操作をしている。


お話掲示板で「はい、私も着いています。」とメッセージが届いた。


ということで、スマフォを操作していた女性で間違いが無い。



緊張しつつも笑顔で「こんにちは、ヨウコさんですか?」と話しかけてみた。


彼女も「はい、ジャンプさんですよね。はじめまして。」と笑顔で返してくれた。


「写真より綺麗で分からなかったです。」


「そんな、ありがとうございます。今日は、私の近くの駅まで来てくれてありがとうございます。ちょっと行ったところに私の好きなお店があるので、そこに行きませんか?」


「はい、行きたいです。」


といった感じで彼女の好きなお店に案内されてお店に入った。



ヨウコさんとは、お話掲示板で話が盛り上がっていたけど、実際に会ってもアニメの話の話で盛り上がった。


ヨウコさんは女性だけど、僕の愛する少年ジャンプも読んでて、僕は一気にテンションが上がってしまった。


暫く、お互いの好きなアニメや漫画の話で盛り上がった。



ヨウコさんは、アニメ好きがキッカケで大学時代は、漫研に入っていて、絵も得意。その特技を活かしてコミケで本を売って、かつ売れているそうだ。なんて単純に凄いと尊敬してしまう。


ヨウコさんは共通の趣味である漫画&アニメという話題で話が弾む。


話題が尽き無いで、あっという間に2時間過ぎていた。



「あっ、こんな時間ですね。楽しかったので、つい話し込んでしまいました。今日はありがとうございました。」


「こちらこそ、今日は楽しかったです。ありがとうございました。」


僕が会計をしようと思ったら、


「私、自分の分はお支払いします。」とヨウコさんが言って財布を出した。


僕は、社会人になってからは全額男性が出すのかと思ってるので今回も全額を支払おうと思っていた。


なので


「いえいえ、僕が払いますよ。」と言った。


けど、


「いいえ、ダメです。払います。」とヨウコさんに強く言われてしまった。


そして、さっさと彼女は店員さんに別会計を頼んでしまった。


なので、僕は自分の分のランチ代のみ支払った。


駅に行くまでの間、ずっと彼女の好きな「銀河英雄伝説」の話二人でしていた。



結局、別れるまで話しが途切れることが無かった。


「今日は楽しかったです。ありがとうございました。またお会いしたいです。」


「僕も楽しかったです。そうですね、またお会いしたいですね。今日はありがとうございました。」


なかなか良い雰囲気で、お別れが出来た気がする。


ヨウコさんから、また会いたいと言われて凄く嬉しかった。



彼女とは、漫画&アニメという共通の趣味があり、話も弾む。何より、相手から会いたいと思って貰えたことが嬉しい。